メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > がん検診について > 胃内視鏡検診

胃内視鏡検診

胃がん検診胃内視鏡検査を申し込まれた方への注意事項

大切なお知らせです。必ずすべての項目をご確認ください。

注意事項
  • 血圧の高い方は、高血圧の治療を受けている場合は受診可能ですが、検査当日に極めて高い場合は、医師により実施の可否を判断させていただきます。
  • 内視鏡検査実施時は鎮痛薬・鎮静薬は使用しません。
    (のどや鼻の表面麻酔は使用します)
  • 内視鏡検診と同時にヘリコバクター・ピロリ感染検査はできません。
  • 検査当日は原則お薬の処方はできません。
下記の項目に該当する方については検診の対象となりません。
  • 咽頭・鼻腔などに重篤な疾患があり内視鏡の挿入ができない方
  • 呼吸不全のある方
  • 急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある方
  • 明らかな出血傾向またはその疑いのある方
  • 全身状態が悪く、胃内視鏡検査に耐えられないと判断される方
  • 胃の疾患で治療中、経過観察中の方
  • 妊娠中の方
  • 入院中の方

※検査時に異常が疑われる場合は、検査と同時に生検(精密検査)を行うことがあります。この場合、生検(精密検査)は保険診療となりますので、別途精密検査費用をお支払いいただきます(精密検査の費用は検査時の状況・保険証の種類によって異なります)。


当日の注意

①朝は何も食べないでください。タバコも吸わないでください
 (水や白湯は飲んでもかまいません)

②朝にインスリン注射や血糖降下剤を服用してしまった方は、早目に問診スタッフへお申し出ください。

③心臓病・高血圧症の方は、お薬を飲んでから検査を受けることもできます。
 (服薬してから2時間以上経過後の検査となります。ご不明な場合は主治医にご相談ください))


予約した医療機関により詳細が異なる場合があります。

宮城県対がん協会がん検診センターで受診する場合の検査手順です。
詳細は医療機関により異なります。

一次検診(胃内視鏡検査)

検診は胃内視鏡検査で行います。口または鼻から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸を内腔から観察し病変を探します。異常が疑われる場合には、病変の一部を採取し(生検)、細胞の検査(保険診療)を行うことがあります。検査時に異常が見つからない場合でも、後日専門医が画像を再確認し、異常が疑われる場合は、再検査(精密検査としての胃内視鏡検査の実施)が必要な旨の結果通知が送付されます。
胃内視鏡検査は完全予約制ですので、事前に電話でお問い合わせください。

◎ 検査前日
  • 前日の夕食は消化の良いものを午後8時頃までに済ませてください。
    それ以降お摂り いただけるのは水分のみです。
  • 内服薬は通常通りお飲みください。
検査前日
↓
◎ 検査当日
  • 検査当日の朝食は摂らないでください。お水かお茶をコップ1杯以上飲んできてください。
  • 検査当日(朝)のお薬は服用しないでください。ただし薬によっては服用した方がよいものがありますので主治医にご相談ください。
  • 服装は締め付けの少ないゆったりしたものでお越しください。
  • 持ちもの:受診券、健康保険証、検査料金、お薬手帳(服薬している方)
↓
◎ 検査の流れ
受付・問診
①受付時間帯は午前8:30~午前10:30です。
②センター1階の「総合受付」にお越しください。
③検査の説明・検査承諾書の記入・問診を行います。
検査
①胃内の粘液や泡をとり、観察しやすくするために水薬を飲んで頂きます。
②のどにゼリーやスプレーにて局所麻酔を行います。以前の内視鏡検査で苦しかった方や、咽頭反射が強い方は経鼻内視鏡での検査も選択できます。問診の際、看護師にご相談ください。
③検査台に上がり、左側を下にして横になります。
④検査開始です。検査時間は6~7分間ぐらいですが、所見によっては検査中に生検(粘膜細胞の一部を採取)をしたり、薬剤を散布することがあり多少長くなる場合があります。
胃がん検診
結果説明
検査の後、医師より結果の説明があります。

最終診断による検査結果は、約4週間後に通知いたします。

↓
◎ 検査後の注意
  • のどの麻酔は切れるのに30分~1時間位かかりますのでその間の飲食は控えてください。
    軽くうがいはかまいません。
  • 生検を受けられた方の食事は、検査後2時間たってからとなります。消化の良いやわらかい食事をお摂りください。
    出血予防のため、検査当日および翌日は、過激な運動、飲酒は控えてください。入浴は短時間ですませ早めにお休みください。

▲ TOPへ戻る