予約・申込みを行う
  • 胃がんは、もともとは正常な胃の粘膜の細胞が、様々なリスク要因によって変化することで発生します。
  • 50歳代後半から60歳代、特に男性に多く見られます。
  • 近年は検診によって早期発見が増えており、死亡率は減少傾向にあります。

コラム当センターで胃がん検診(バリウム検査)を!

  • 年間で約13万5000人の検査を行う、県内最大の胃部エックス線検査(バリウム)を行う医療機関です。
  • 専門の教育を受けた診療放射線技師が約30名在籍し、日々研修を重ねています。
  • 撮影したエックス線画像はベテランの専門医が読影し、さらに必要に応じて過去の画像と比較し診断するため、高いがん発見率を誇ります。

胃がん検診(バリウム検査)の機械・診断の様子

胃がん検診(バリウム検査)の診断の様子

検診の前に

バリウムによる胃がん検診を希望されても、体質や過去の病気によっては、検診を受けることによりむしろ不利益を被る場合があります。胃がん検診を申し込まれた方は、安全に検査を受けるために、次の項目を必ず確認してください。

次の項目に該当する方にはバリウムによる胃がん検診を受けることはできません。

医療機関にご相談のうえ他の方法で胃がん検査を受けてください。

  • 過去の検診で発疹等のアレルギー症状が出たことがある方。
  • 妊娠中、または妊娠の可能性のある方。(授乳中の方は可能です。)
  • 肺の病気で、手術によりどちらか片方の肺がない方、または、常時酸素吸入をしている方。
  • 腎不全にて現在透析中で水分制限を受けている方。
  • 身長195cm以上、または体重135kg以上の方は撮影装置の問題から検査できません。
  • 植え込み型除細動器(ICD)を装着されている方。

次の項目に該当する方にはバリウムによる胃がん検診をお勧めできません。

他の方法で胃がん検査を希望される方は医療機関にご相談ください。

  • 腸閉塞や腸ねん転、大腸憩室炎と診断され治療を受けたことがある方。
  • 過去の検診でバリウムを誤嚥した(気管に入った)ことがある方。日常的にむせやすい方。
  • 寝返りや立つ時に日常的に介助が必要な方。

次の項目に該当する方はバリウムによる胃がん検診の可否について主治医に相談してください。

主治医の許可があれば受診できます。

  • 食道・胃の外科的手術もしくは内視鏡治療をして1年以内または食道や胃の疾患で経過観察中の方。
  • 大腸・小腸の外科的手術をして1年以内または内視鏡治療をして3ヶ月以内の方。
  • 肝臓・膵臓・胆のう・婦人科等の手術(腹腔鏡下手術も含む)をして6ヶ月以内の方。
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)で治療中の方。

その他

  • 当日、検査前に飲食してしまった方や、朝にインスリン注射や血糖降下剤を服用してしまった方は、当日の検診は受けられません。日程を変えて受診するか、主治医にご相談ください。尚、インスリンポンプ・持続グルコース測定器を装着されている方は、検査前後にご自身で取り外し・装着ができれば受診可能です。
  • 検査台の上で一人で体位変換ができない、あるいは、握り棒を持って体を支えることができないなど、転倒などの危険性がある場合や、体調不良の方は検査を中断したり、お断りすることがあります。
  • インスリンポンプ・持続性グルコース測定器を装着されている方は、検査前後にご自身で取り外し・装着ができれば受診可能です。

予約・申込み

検診の流れ

検査対象

希望者

検査料金

6,050円

市町村または職場により異なりますので、各自治体や職場の担当窓口にご確認ください。

所要時間(目安)

受付から会計まで約1時間(検査時間約10分)

持ち物

  • 受診票
  • 健康保険証
  • 検査料金

検査前日

  • 検診前夜は飲酒をしないで夕食は午後8時頃までに済ませてください。
  • それ以降お摂りいただけるのは水(白湯)のみです。内服薬は通常通りお飲みください。

検査当日

  • 検診の1時間前まではコップ1杯程度の水に限り飲んでもかまいません。
    (検診当日の朝は何も食べないでください。)※ガムや喫煙も控えてください。
  • インスリン注射や血糖降下剤の内服は検査後、食事を摂ってからにしてください。
  • 心臓病・高血圧症のお薬を飲んでいる方は、朝早目に飲んできてください。但し、お薬を飲んでから2時間後の検査となります。
  • 検診当日の朝は出来るだけ排便してください。※検査前日まで2~3日排便のない方は、検診前日の夜に市販もしくは医療機関から処方された下剤等を服用し、できるだけ排便してから受診してください。
STEP01

受付

センター1階「総合受付」にお越しください。受付時間は7:30~10:00です。

宮城県対がん協会胃がん検診(バリウム検査)での受付の様子
STEP02

問診・着替え

問診後、検査用のガウンを用意しておりますので、ボタン・金具のない下着の上に着用して頂きます。

宮城県対がん協会胃がん検診(バリウム検査)での問診・着替えの様子
STEP03

検査

バリウムを飲んで胃のX線写真を撮影し、後日専門医師2名による写真の読影(ダブルチェック)を行います。病気が疑われる場合は二次検診として、内視鏡検査による精密検査が必要となります。

  1. 初めに発泡剤(胃を膨らます薬)とバリウム(造影剤)を飲んで頂きます。
  2. 透視台に上がり、放射線技師の声掛けにあわせて、体を回転して頂きます。これはバリウムを胃の内側にくまなく行き渡らせてきれいな写真を撮るためのものです。検査中、撮影のために透視台の傾斜が変わり頭が上下します。
    (撮影は3~4分間くらいで終了します。)
    宮城県対がん協会胃がん検診(バリウム検査)での検査の様子
  • 終了後、お会計がお済みになればお帰りいただけます。(現金のみ)
  • 検査結果は、約1ヶ月後に通知いたします。

検査の結果「要精密検査」となった方はこちら

精密検査について

検査後の注意

検査後、バリウムが排泄されないまま長時間腸内に残っていると、固まって排泄されにくくなり、稀に腸閉塞や消化管穿孔を起こすことがあると報告されています、下記の注意をよくお読みになり、早めにバリウムを排泄するようにしましょう。

バリウムによる便秘を防ぐために、あらかじめ下剤はバリウムに入れておきます。個人差はありますが、下剤が効くまで通常約8〜10時間かかります。効きすぎが心配な方は、下剤の量を調整できますので、ご相談ください。便が出るまでの数日は水分を多く摂ってください。便秘がちの方は特にご注意ください。

  • 検査後すぐに会場でお渡しするペットボトルの水をお飲みください。
  • 検査後できるだけ早く食事をおとりください。
  • 検査後2〜3日は、できるだけ多くの水分(1〜2リットル以上)をおとりください。

※検査当日から2~3日間で薄茶からクリーム色のバリウムの混じった便が出ます。様子を見てもどうしても出ない場合や、お腹がはる感じやお腹の痛み、吐き気などの症状が強くなるときは我慢せずに、当センターにご連絡ください。
※下剤の服用により、じんましんなどのアレルギー症状が出ることがあります。症状が出た場合にはお知らせください。
※検診会場でお渡しできる下剤は予備分として4錠までです。慢性便秘症のため下剤服用をご希望の場合は、医療機関で処方を受けるか、市販の下剤を購入してください。

コラム(慢性)胃炎と診断された方へ

日本人に多く見られる慢性胃炎のほとんどはピロリ菌感染が原因です。 ピロリ菌は一度胃粘膜に住み着くと、ほぼ一生涯胃の中に存在し続けます。しかし、ピロリ菌に感染した人が全て病気になるわけではなく、その2〜3%に胃・十二指腸潰瘍を発症し、0.4%が胃がんを発症すると言われています。これ以外の大多数の方は特に症状もないままに慢性胃炎としてピロリ菌と生涯を共にしていきます。
ピロリ菌に感染し胃粘膜の萎縮が進んだ人は、胃がん発生のリスクが高くなりますので、胃がんの早期発見・早期治療のためにも、定期的に胃がん検診を受けましょう。

ぜひご検討ください。

予約・申込み

お問い合わせ

公益財団法人 宮城県対がん協会 がん検診センター

TEL(代表):022-263-1525(平日8:30〜17:00まで)

ページ内
TOPへ