メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > 公益事業 > 調査研究事業

調査研究事業

がんの予防、検診方法、検診評価等がん検診に関する調査研究事業を行うほか、厚生労働省や文部科学省の科学研究費補助事業等国のがん対策のための調査研究事業へ参加しています。また、医療技術者および関係役職員を学会、研究会に派遣し、医療技術の向上と学術交流 を深め質の向上に努めています。

研究成果発表

当協会における研究課題を設定し、各種学会及び研究会等において研究成果を発表しました。


① 胃がん検診に関する研究
② 大腸がん検診に関する研究
③ 肝・胆・膵がん検診に関する研究
④ 子宮頸がん及び体がん検診に関する研究
⑤ 乳がん検診に関する研究
⑥ 肺がん検診に関する研究
⑦ 前立腺がん検診に関する研究
⑧ がん登録による悪性新生物の研究


各種学会・研修会等
  • 学会名
  • 開催地
  • 日 程
  • 学会名:
  • 開催地:
  • 日 程:
  • 第117回 日本内科学会総会
  • ※WEB
  • 8月7日~9日
  • 学会名:
  • 開催地:
  • 日 程:
  • 第99回日本消化器内視鏡学会総会
  • ※WEB
  • 9月2日~3日
  • 学会名:
  • 開催地:
  • 日 程:
  • 第59回日本消化器がん検診学会総会
  • ※WEB
  • 9月30日~10月1日
  • 学会名:
  • 開催地:
  • 日 程:
  • JDDW2020
  • ※WEB
  • 11月5日~8日
  • 学会名:
  • 開催地:
  • 日 程:
  • その他の学会・研修会等
  • 47回
  •  

研究事業への参加

厚生労働省の研究事業に参加し、国のがん対策の一翼を担うなど、重要な役割を果たしました。更に、2020年度も日本医療研究開発機構(AMED)の研究事業に引き続き参加し、研究登録者への検診受診勧奨及びアンケート調査の実施、新規研究参加の呼びかけを行いました。

  • がん検診の適切な把握法及び精度管理手法の開発に関する研究
  • がん検診事業の評価に関する研究
  • 職域がん検診における精度管理指標の測定・基準値設定と新指標測定法の開発・実用化に関する研究
  • 個別リスクに基づく適切な胃がん検診提供体制構築に関する研究
  • 乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験
  • がん検診の利益・不利益等の適切な情報提供の方法の確立に資する研究

当協会で実施されている情報公開方式による臨床研究一覧

 以下の課題名の研究において、医療の向上を目的に、対象期間・対象疾患に当てはまる受診者様の診療情報を臨床研究に利用させていただく場合があります。
 これらの研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に則り、当協会倫理審査委員会の承認を得て実施されるものです。研究の実施にあたっては受診者様に新たにご負担いただくことはありません。また、全ての研究で匿名化が行われますので、受診者様個人が特定されることは一切ありません。受診者様のプライバシーは厳重に守られます。研究の成果等が学術集会や科学専門誌で発表される場合がありますが、その場合でも個人が特定されることはありません。
 ご自身の診療情報の臨床研究への利用を望まれない方は、各研究の連絡先まで遠慮なくご連絡ください。お断りになられても、受診者様に不利益が生じることは一切ございません。ご連絡をいただかなかった場合、ご同意いただけたものとさせて頂きます。なお、研究成果の学会発表や論文投稿後は、同意の撤回が出来ませんのでご了承ください。
 受診者様におかれましては研究実施の趣旨をご理解いただき、研究への協力を賜りますようお願い申し上げます。ご不明な点がございましたら、遠慮なく下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先:      
公益財団法人宮城県対がん協会
法人総務課 022-263-1636

研究受付番号研究課題名
1713 「デジタルマンモグラフィビッグデータを活用したAⅠ支援診断システムに関する研究」 PDF
1802 個別リスクに基づく適切な胃がん検診提供体制構築に関する研究 PDF
1804 東日本大震災による災害ストレスとその後の生活環境変化が婦人科疾患に及ぼす影響の解析 PDF
1810 高齢者における大腸がん検診の現状と問題点 PDF
1904 宮城県における東日本大震災前後の子宮がん検診受診率の変化
1905 AI(人工知能)による内視鏡画像自動診断(病変拾いあげ)システムの実証実験 PDF
1907 地域大腸がん検診における大腸腺腫症例からみたサーベイランスの検討 PDF
1909 地域大腸がん検診における精検受診率の検討 PDF
2008 対策型X線検診の受診間隔と検診制精度の関連についての検討 PDF
2009 大腸内視鏡検査施行歴別の対策型大腸がん検診成績からみた内視鏡サーベイランス PDF
2010 読影の補助認定技師によるプレリーディング結果の評価 PDF
2011 アルコール体質と胃癌発生の関係 PDF
2104 当施設における鉗子を用いたコールドポリペクトミー導入と治療の実際 PDF
2106 消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築9版 PDF
2107 新型コロナ感染症(COVID-19)パンデミックによる当協会の胃X線検診への影響 PDF
2108 災害被ばく時の放射線影響に関する意識調査解析による検討 PDF
2109 胃X線画像におけるピロリ感染の計算機支援診断システムの開発 PDF
2111 宮城県における経膣超音波検査を併用した子宮がん検診の成績に関する調査 PDF
2112 胃がん罹患リスク予測における胃炎診断の意義 PDF

競争的資金等への不正取組に関する方針

当協会は、「研究機関における公的研究費の管理・監査ガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)および「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、公的研究費を適正に管理・運営し、不正使用を防止するため、次のとおり基本方針を定めます。


機関内の責任体系の明確化

研究費の不正防止対策に関する責任体系を明確化し、協会内外に公表します。


適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

適正な運営・管理の基盤となる環境を整備するために、以下の取り組みを推進します。

  • 公的研究費執行に関するルールの明確化・統一化
  • 職務権限の明確化
  • 倫理教育・コンプライアンス教育を通じた職員等の意識を向上
  • 通報等の取り扱い、調査及び懲戒に関する規定を整備し、運用を透明化
  • 研究費の管理体系図

不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

不正を発生させる要因を把握し、具体的な不正防止計画を策定・実施します。


研究費に関わる行動規範

当協会における研究活動の発展及び研究費の適正な使用・管理を目的として、「研究活動に係る行動規範」を定めるものとする。


研究費の適正な運営・管理活動

不正防止計画を踏まえ、業者との癒着の発生を防止するとともに、内部監査等における実効性のあるチェックが効くシステムを構築し、研究費の適正な運営・管理を行います。


情報の伝達を確保する体制の確立

協会内での情報共有を推進するとともに、協会の取組や事例を広く協会外へ発信していきます。


モニタリングの在り方

不正が発生する可能性を最小にすることを目指し、協会全体の視点から実効性のあるモニタリング体制を整備・実施していきます。


内部監査


研究費の不正行為等における相談・通報窓口

通報窓口連絡先

宮城県対がん協会 法人総務課

TEL:022-263-1636
FAX:022-263-1548
e-meil :office@miyagi-taigan.or.jp


相談窓口連絡先

宮城県対がん協会 医局内 競争的資金等担当事務局

TEL:022-263-1581
FAX:022-262-3775
e-meil :ikyoku@miyagi-taigan.or.jp


その他関係規程・様式書類等


▲ TOPへ戻る