メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > ピロリ菌外来 > ピロリ菌とは

ピロリ菌とは

日本は世界のなかで有数ながん大国であり、毎年約5万人が命を落としています。
我が国では胃がんに対する早期発見を目的とした集団検診、また早期に発見された胃がんに対する内視鏡治療など様々な進化を遂げてきました。しかし、残念ながら胃がんはいまだに死亡率の上位にあります。

ピロリ菌について

ピロリ菌は正式にはヘリコバクター・ピロリと呼ばれる約2ミクロンほどの大きさのらせん状桿菌で4~7本の鞭毛(べんもう)を持っています。従来、胃の中には強い酸性を示す胃酸があって細菌が生育ができない無菌状態にあると考えられていました。
ところが、オーストラリアのウォーレンとマーシャルという2人の研究者が胃炎患者の胃粘膜に細菌が生息していることに気づき、1983年に初めて分離培養に成功したのがピロリ菌です。

ピロリ菌


ピロリ菌は胃粘膜を覆っている粘液層の中に住み着いて、鞭毛により活発に動き、ときに粘膜の表面の胃粘膜細胞に付着して色々な障害を与えます。この結果、ピロリ菌に感染すると必ず慢性的な胃炎を起こします。日本人に多く見られる慢性胃炎のその殆どはピロリ菌感染が原因です。
しかし、ピロリ菌に感染した人が全て病気になるわけではなく、その2〜3%に胃・十二指腸潰瘍を発症し、0.4%が胃がんを発症すると言われています。これ以外の大多数の方は特に症状もないままに慢性胃炎としてピロリ菌と生涯を共にしていきます。

ピロリ菌の感染経路

ピロリ菌の感染経路は乳幼児期の経口感染と考えられています。大人が赤ちゃんに口移しに食べものを与えたり、子供同士でべたべた触り合ったりするうちにピロリ菌がうつってしまうのではないかとも考えられていますが、本当の感染経路はまだ解明されていません。
一説によると井戸水の使用や下水道が整備されていないといった衛生環境がよくない状態が感染率の高さと関係していると言われています。
例えば、世界におけるピロリ菌の感染率は先進国に比べて開発途上国で高い傾向にあります。
日本人の場合、ピロリ菌感染率は20〜30歳以下で低いのに対し、50歳以上の世代では高い感染率となっていますが、これは井戸水の使用が多かった時代と衛生環境が良くなった時代に育ったという違いが大きく反映していると推測されています。

▲ TOPへ戻る